ニンニク(平成28年7月号)

薬用部/生薬名 : 鱗茎/大蒜 用 途 : 健胃・強壮
元気を出したいときに食べたくなるニンニク。その力の源はあの独特な香りの成分であるアリシン。強い殺菌作用と疲労回復効果があり、料理だけでなく、生薬・大蒜/タイサンとしてくすりとしても古くから愛用されてきました。古代エジプトではピラミッドを造る労働者たちがニンニクを食べ、重たい石を運ぶ活力としていたのだとか。また、魔物を除けると信じられ、墓に遺体とともに埋葬されたり、身を清めるために食べたりと、呪術的な使われ方もしていたようです。
これからますます暑くなり、疲れもた まりがちに。ビタミンB1と結びつくこ とでスタミナ補給に効果を発揮するの で、豚肉などとともに食べるのがおす すめ。ただし胃への刺激が強いので、 食べ過ぎには注意。そして食べた後の においにも。