センブリ(平成28年9月号)

生薬名 /薬用部: 当薬/ 全草 
用 途 : 消化不良、食欲不振 など
口にすれば眉間に深いしわ。千回振り出してもまだ苦いことから「センブリ」と名付けられたこの草は、夏から秋にかけ、紫色の線の入った白い花を咲かせます。 花、葉、茎、根、どの部分もくすりとして使うことができ、生薬名は「当薬/とうやく」。食欲不振、消化不良など、胃の調子を調えるくすりです。しかし、古くセンブリは「虫を除ける」くすり。古い書物には、センブリで染めた肌着は蚤や虱を避けることができ、煎じ汁を糊に混ぜて屏風を貼ると虫がわかないと記されています。 「良薬は口に苦し」とはよく言っ たもの。虫さえ嫌うセンブリの苦 み。しかし確かな効き目があるか らこそ、民間薬として長く用いら れているのです。