カワラナデシコ

生薬名:瞿麦/クバク・瞿麦子/クバクシ 薬用部:全草・種子 用途:消炎・利尿

朝な夕なに爽やかな風を感じる今日この頃。なぜなら暦の上ではもう秋。『萩の花 尾花葛花 なでしこの花 女郎花 また藤袴朝がほの花』 これは山上憶良が秋の野に咲く花々を謳った歌、秋の七草の歌です。中でも「なでしこ」は、清らかで美しい女性を表す言葉、狢舅舵鏤”としてもおなじみ。その名はあまりに可愛らしく、触れる際に子どもを撫でるかのような感情になってしまうので「撫し子」とつけられたといいます。一般的にナデシコとは初夏から夏にかけて白やピンクの花を咲かせるカワラナデシコのこと。全草と種子はそれぞれくすりになり、消炎や利尿の効果があります。 本州の南に自生しているのはカワラナデシ コ。北にはそれより少し大きなエゾカワラ ナデシコが見られます。 山野にはそろそろ秋の気配。エゾカワラナ デシコの花もいつか愛でてみたいものです。

 

 

9月号(最新号)はこちらよりダウンロードできます。

ダウンロードはこちら