カカオ(平成30年2月号)

人類が初めてカカオを口にしたのは、 約4000年前のことと云われています。古代メソアメリカ(メキシコおよび中央アメリカ北西部)での栽培がはじまりとされ、たくさんの実をつけるカカオは豊穣の象徴として神々にも捧げられました。日本にチョコレートが伝えられたのは江戸時代のこと。1797年、長崎円山町の遊女の買い品目録に「しょくらあと六つ」の記載が残されており、出島に暮らすオランダ商人からもらったものだと考えられています。1877年(明治10年)、日本で初めてチョコレートの加工、製造販売を始めたのが東京・両国の米津風月堂(現在の東京風月堂)です。西洋文化が次々にもたらされた明治時代において、チョコレートも文明開化のシンボルの一つで、ここから日本のチョコレートの歴史が歩み始めることになりました。甘くて美味しいチョコレート。でも、注目すべきはカカオの優れた薬効成分です。メソアメリカの人々は、さまざまな薬草とカカオを組み合わせては、歯痛、炎症、強壮、解熱などの治療に用いたとされています。カカオに含まれる成分でよく知られているのが抗酸化作用(老化防止)のあるポリフェノールですが、その他にもカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、ミネラル分や食物繊維も豊富で、心臓病、感染症、冷え症、便秘、リラックス効果など、カカオは心身の健康を支えてくれます。